2013年12月 5日 (木)

11月26日 京都

秋の京都に行って来ました。


今回の京都の旅は、市内中心部ではなくちょっと外れめの場所をまわる予定。

そこで1日目は伏見方面に向かいました。


伏見といえば酒所。酒蔵の残る町並みをぬけて行ったのは十石船の乗船場。
昔、物流に重要な役割を果たした十石船にのってきました。



Photo_8
乗船場
1_4
高瀬川運河沿いの両岸は、紅葉がとてもきれいでした。
2_4
運河沿い
3_3
運河沿い
4_3
乗船場から歩いて少し行ったところに、坂本龍馬が新選組に襲われた旅館「寺田屋」がありました。
今でも旅館として営業しているとの事。
Photo_9
次に行ったのは伏見稲荷大社。
Photo_10
山の上まで朱塗りの千本鳥居がず〜〜っと続いています。
ところでこの伏見稲荷大社、外国人観光客がすごく多かったです。
派手で分かりやすいのかな?
Photo_11
何か咥えている狐もいました。
Photo_12
猫もいました。

Photo_13

この後、向かったのは東福寺。
有名なお寺だけあってすごい人。中に入るのに行列です。
1_5
行列の後をくっついて歩くだけ、何を見たのか全然覚えていません。
この東福寺は広いだけに、時期はずれゆっくり見た方が面白いかもしれません。
でも紅葉は見事でしたよ。
2_5
東福寺にて
1_6
東福寺にて
2_6
東福寺にて
3_5
東福寺にて
4_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

12月23日 北川

久しぶりに北川で潜りました。

ここのところ伊豆の海はきれいな海が続いているようです。

北川もボートから飛び込んだ途端、お〜〜という感じで透明度がよかったです。


こういう時は青い海をバックに写真を撮るのが楽しいですね。


なのでクダゴンベ。

僕は今年初めてお目にかかります。5センチくらいの個体でした。




Photo



珍しいのでいっぱい撮りました。


3




まだクダゴンベ。



1_2




向きを変えてクダゴンベ。


2




キンギョハナダイも群れていました。



1_3





アヤトリカクレエビ
はウスアカイソギンチャクについています。


Photo_2




同じく擬態しているのはイソコンペイトウガニ。
赤いトサカに隠れています。


Photo_3





車のハンドルくらい大きなヒトデをひっくり返すとヒトデヤドリエビがいました。



Photo_4



そうかと思うとヒトデの赤ちゃん。

5ミリくらいの大きさです。星形なんですね。。。。


Baby




 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキング参加中、よかったらクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

12月9日 海洋公園

この日は日曜日、かなりダイバーが出ていて混雑でした。


お天気は晴れているものの、西風がビュービュー、沖では白波がいっぱい立っていました。

しかし、海岸線はいたって穏やか。そして海の中はなんと40メートルは見えていそうな透明度でした。

こんなきれいな海は久しぶりです。



クマドリカエルアンコウの黄色バージョン。


Photo_5



このクマドリを撮り終わってさてと思ったら大きな欠伸をはじめました。

慌ててカメラを向けて撮ったら口の中にピントが。。。。。



Photo_6




カメ根のまで下りていくと、アカスジカクレエビ。


最初はハナヤギについていました。


ポリプが閉じているのが残念ですが。


Photo_7




スダレガヤに移動したのでそこでも撮りました。


2_2




シマキンチャクフグは相変わらず可愛いです。



Photo_8




コガネキューセンはよく動いています。かなりはっきりした黄色の体をしているのでゴロタ付近ではよく目立ちます。



Photo_9




セジロノドグロベラもなかなか渋い色をしています。


Photo_10




アカハチハゼはちょっと珍しいとの事なのですが、1カット撮ったら巣穴に逃げてしまいました。



Photo_11




ところで下の写真、二つの生物からできています。

先ほどアカスジカクレエビがついていたスダレガヤにセンナリイソギンチャクが寄生しているのです。

ちょっと面白いですね。勉強になりました。


Photo_12




にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキング参加中、よかったらクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«番外編 奈良その1