« 5月29日 黄金崎 | トップページ | 10月3日大瀬崎 »

2012年6月21日 (木)

ハナダイ2種

6月12日と13日


ブログの表示速度が急に遅くなったので、これまでアップした画像を調べてみました。遅くなった原因は分かり、それはこれまで通り復旧できました。

その過程で気がついたことがあります。

それはハナダイ系の写真のアップが少ないことです。


キンギョハナダイはよく載せていますが、サクラダイ、ナガハナダイなどはほとんどアップしていませんでした。

それは比較的水深の深いところにいること、またよく動くので最初から撮るのをあきらめている事が、僕の場合の理由です。

と、前置きをしたところで、ハナダイをアップします。


12日は富戸で潜りました。


水深15メートル前後のところにナガハナダイの幼魚が一匹、キンギョハナダイに混じって泳いでいました。


ヒレがキラキラ光っていて撮ってもきれいなんですよ。

背びれ、胸びれを開いているところを狙いました。



5



胸びれの前側の縁はストロボ光がうまい具合に当たったせいもあって青白く輝いた感じです。



6




ゴロタが背景なのでストロボはできるだけ弱く、絞りは開き気味で撮りましたが、ピントを合わせるのが大変でした。


2




13日は大瀬崎に行きました。

門下というポイントで潜りました。


水深20メートルちょっとの場所ではサクラダイの幼魚が、やはりキンギョハナダイに混じって泳いでいました。



サクラダイは大きくなると、オスは真っ赤な体色に白い桜吹雪が散っていてとても印象的な魚です。やはり深場の生息しています。


今回の幼魚はなんともいえない繊細な赤(すみません、うまく表現できません)で背びれに黒い点があります。


2_2


チョコチョコと泳いでいるので上の写真のように、ソフトコーラルをかすめてくれると背景に入れられてうれしくなります。



1


↑後ろにいるのがキンギョハナダイです。色合いが違います。



3



以上、ナガハナダイとサクラダイをアップしました。



ところで大瀬崎の門下はソフトコーラルがいっぱいでとても楽しいポイントです。

以下、ワイドで撮った写真を載せます。



1_2




Photo


ムチカワマツにはドコットメバルが群れていました。



Photo_2



ニシキウミウシとイバラカンザシのコラボです。

この日の海はとってもきれいでした。


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキング参加中、よかったらクリックしてね。

|

« 5月29日 黄金崎 | トップページ | 10月3日大瀬崎 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214692/55019944

この記事へのトラックバック一覧です: ハナダイ2種:

« 5月29日 黄金崎 | トップページ | 10月3日大瀬崎 »